カミソリタックルの切れ味!!

カミソリタックルの競馬予想ブログ。 毎週の重賞展望や、土日の買い目を中心に書いていく。 馬券は完全な穴狙い! 今日もまた万馬券をめざして・・・!SINCE 2005.9.11

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエナビスタ、リーチザクラウンに完勝・・・!スプリングS!

今週もクラシックへ向けて結構大事な重賞がある。
弥生賞ほどではないが注目のレース、スプリングS。
注目するのはブエナビスタ、リーチザクラウンに完勝したあの馬がいるからに他ならない。

アンライバルド
現在3戦2勝。
ロジユニヴァース、リーチザクラウンほど有力馬に名前が出てこないが、
この馬の素質も相当なもの。
ブエナ、リーチに完勝したデビュー戦はもちろんのこと、
圧巻は前走の若駒S。
確かに10頭立ての少頭数、メンバー的にも小粒であったが、
パドックで大暴れ。
本場場に入るときには既に汗びっしょり。
レース前に既に終わっているような馬に見えた。
しかしフタをあけてみると余力充分で2着に3+1/2馬身差。
そこそこ前につけられる脚質は中山向きで、
気性的な落ち着きさえ出てくれば、ロジに土をつけられる可能性がある馬かもしれない。

フィフスペトル
前走朝日杯は、ブレイクランアウトに被せられて動けなかったことが幸いし、
勝負が決したあと伸びて2着。
自分から動いていったブレイクの方を評価したいレースだった。
弥生賞登録時にも書いたが、やや過剰人気気味。
豊とのコンビで、ひょっとして1番人気にならないかと期待している。
中山コースの人気の追い込み馬。
過去にも多くの馬がこの条件で沈んでいった。
人気の割に買いたい動機があまり出てこない馬である。

ツクバホクトオー
何気に少しだけ期待している。
前走のアーリントンCは開幕週の阪神で、
四位が得意の大外ぶん回しを披露し、
まったくの参考外。
今回は中山コースで吉田隼人が騎乗予定。
新コンビにはまったく期待できないが、
そこそこ素質のある馬。
仕上がり次第では波乱の立役者に指名したい。


現時点で3頭あげたが、中山コースは枠順を見るまでまったく予想できない。
中山1,800で追い込み馬が外枠に入ったら、まず勝負にならない。
四位や池添のように、安全に外を回す騎手ならさらに期待できない。

外枠でもくる可能性があるのは、
コースロスを露骨に嫌う外国人騎手や地方出身騎手。

そこまで内に突っ込むイメージが強くない豊鞍上の追い込み馬、
フィフスペトルの枠順は馬券戦略に影響してきそうだ。
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.