カミソリタックルの切れ味!!

カミソリタックルの競馬予想ブログ。 毎週の重賞展望や、土日の買い目を中心に書いていく。 馬券は完全な穴狙い! 今日もまた万馬券をめざして・・・!SINCE 2005.9.11

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国馬の取捨選択・・・!!

中山11R スプリンターズS

下馬評では遠征してきた4頭の外国馬が優勢。
その外国馬4頭を分析してみると、



サイレントウィットネス

昨年の覇者。
パドックでの雄大な馬体と、
デュランダルを完封したレースぶりは今でも目に焼きついている。
しかし、帰国後病気にかかったらしく、今年は4戦未勝利。
普通ならここでも本命で間違いないところだが、
病気明けということで少し評価を落した。



テイクオーバーターゲット

前走のセントウルSで2着したことが評価され、
かなり人気している。
しかし、実際その前走ではシーイズトウショウに大きく離されている。
日本の芝に対する適正はあるのかもしれないが、
中山の坂も疑問。
人気しすぎの感は否めない。



ベンバウン

近走は堅実。
3走前ハナ差の勝負を演じているように、
テイクとの差はない。
日本でのレース経験の有無でテイクとの人気に差が出ているが、
不気味なのはむしろ来日初戦のこちら。
人気も薄めで狙いたい馬である。



レザーク

正直一番よくわからない馬。
前走でジュライカップを制しているように、
一流の馬であることは間違いないが、
負ける時は意外とあっさり負けている様子。
直線の競馬ばかりしているのも気にかかる。
3番枠を引いたことにより無視はできないが、
人気ほどの実力があるかは疑問である。


能力的には、

サイレント > テイク ≒ ベンバウン
      
      > レザーク



以上のように自分なりに分析した。


サイレントを本命にし辛い以上、

サイレントより能力が劣ると感じる他の3頭を本命にする気にはならない。



ここまで考えて、

本命には日本馬、7番オレハマッテルゼを!

日本馬唯一のG1馬。
レースぶりからしても、やはり信頼できるのではないか。
ラインクラフトを封じた春のレースぶりを思い出し、
スプリント路線の連覇に期待する!


2番手には中山でもシーイズトウショウ
確かに良績は平坦コースに偏っているが、
このメンバーならやはり中山でも軽視できない。


以下、ビーナスラインチアフルスマイルの末脚も抑えておきたい。

外国馬は前述のとおり軽視するが、
「騎手の腕」を恐れて馬券の相手としては抑えたい。


馬連
7 - 1.3.5.9.13.14.16
三連複軸一頭ながし
7 - 1.3.5.9.13.14.16


(一緒に日本馬に声援を・・・)
よろしくお願いします
     ↓       ↓


にほんブログ村 競馬ブログへ


スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。