カミソリタックルの切れ味!!

カミソリタックルの競馬予想ブログ。 毎週の重賞展望や、土日の買い目を中心に書いていく。 馬券は完全な穴狙い! 今日もまた万馬券をめざして・・・!SINCE 2005.9.11

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカツ騎乗停止・・・!?桜花賞・・・!

なんでも、カジノドライヴに乗ったドバイWCで、
不注意な騎乗があったとか。

桜花賞は?安藤勝ドバイで騎乗停止

ただ、処分はJRAに委ねられるらしいので、
桜花賞の盛り上げに絶対必要なアンカツのこと、
そのタイミングで騎乗停止になんてしないだろう。
売り上げ減少に繋がるだろうし。。。
もし騎乗停止なら乗る馬のいない岩田かな・・・


今週は大阪杯、ダービーCTと、完全に古馬の重賞。
若駒のレースしかやらない自分にはまったくので自分の管轄外・・・

早くもブエナビスタの相手探しでもはじめますか。

ブロードストリートがどこまで人気を落としてくるか注目☆

(紐荒れ狙いで・・・!)
応援よろしくお願いします
     ↓       ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ



スポンサーサイト

阪神7R!3月29日(日)・・・!

阪神7R

500万下だがレベルの低い一戦。

本命には昇級でも9番オーシャンロード。
スピードが上位で早めにつけた前走で後続を完封。
このメンバーなら調子を持続して通用しそう。

以下、
距離短縮が良いメイショウボルト、
堅実なワールドワイド、ピュアチャプレットと続く。

人気の組み合わせは避けてトリガミしないよう注意したい。

単勝
1,9
馬連
9-1,5,14
1-5,14
ワイド
1-9

阪神6R!3月29日(日)・・・!

阪神6R

大好きなジャコスキーが帰ってきた。
相変わらず今回も最高の追いきりタイム。
どこまで引っかかってぶっ飛んでくれるかが楽しみである。

変わってくるなら牧場帰りの今回。
でも、相変わらずに人気しているので、
当然馬券的には買わない。

他に買いたい馬もおらずレベルの低いレースなので
適当に人気薄の馬券でも買って静観しておくのが正解か。

単勝
9
ワイド
8-9

6レースに出てきてくれたことでパドックも見れる。
楽しみにして見たい☆

中山5R!3月29日(日)・・・!

中山5R

本命は5番ヒシパーフェクト。
前走戦ったメンバーは強かった。
5番枠といいところに入り、ロスなく運べれば勝ち負け。
内枠の仕上がりの良い内枠3頭が相手。

人気のキングヴィオラ。
実戦向きの馬ではあるが、前走は最内をついて距離ロスなく追い込んだもの。
小野寺にウチパクと同じ芸当ができるか。
人気で軽視。
 
休み明けのヒシセンチュリー。
元々このメンバーでも抜けた能力ではない。
息がもつかどうか。

馬連B
1,2,3,5

中山3R!3月29日(日)・・・!

中山3R

この時期の未勝利戦にしてはメンバーが揃った。

本命には休養明けでも14番エリモアクアポリス。
攻めの様子をみるかぎり、仕上がりは良い。
あとは久しぶりで息がもつかどうか。

以下、前走はかかって1角で膨れたオルトリンデ、
前走は最内からの追い込みではあるがそこそこ認めてやりたいスピネッタとつづく。

能力的にニシノシルエットと思うが、いかんせん気性的に子供。
ただ、理由が砂を被ったことであるならばここは完勝しそう。
人気しすぎて妙味なしではあるが。

クレバークリスも勝ち負けできる能力があるが、
いかんせん人気。妙味は無い。

社台のエオリアンハーブも、いかにも乗り込まれてきて走れる態勢。
もちろん人気。


以上より、馬券的にはこれらの馬から人気の無い順に買う。

馬連B
10,14,16

中山2R!3月28日(日)・・・!

中山2R

危険な人気馬
6番アストレーション
デビュー戦は3着も、メンバーがあまりにも酷い。
この時期の新馬戦は素質馬がほとんどいない。
そこで3着したことでこの人気なら軽視したい。

危険な馬を見つけたが他に買いたい馬がいなく・・・

とりあえず、
初出走もそこそこやれそうな1番サンワードカペラ、
出遅れなければ圏内の2番コスモパイオニア、
前走の内容は素直に認める16番ハリマノワタリドリで軽めに勝負。
10,12あたりは連下までか。

単勝
1,2
馬連B
1,2,16

阪神1R!3月29日(日)・・・!

阪神1R

本命は3番サウロビスティー。
デビュー戦は出遅れて勝負にならず。
攻めの様子からいくと充分に勝てるレベル。
この人気なら買い。

他では既出走馬のレベルの低さが目立つ。
唯一買えるノボレインボーにしても、
強敵相手に先着しておらず、圧倒的一番人気としては不安な存在。
未出走馬に期待する・・・!

単勝
3
馬連B
3,4,11,12

高松宮記念!アポロドルチェ・・・!

中京11R 高松宮記念

3歳戦に絞って戦っている自分にとって、管轄外の一戦。
絶対的な馬もおらず、いくつかの視点から検証してみたい。

☆短距離戦
短距離戦では、前走からの劇的な変わり身はありえないというのが持論。
連闘のように、間隔を詰めていればいるほど良いと考えている。
その点で、いくら調教が良くても休養明けのスリープレスナイトは買いたくない。

☆枠順
今回のように、混戦のレースでは当然枠順が大きく影響する。
さらに馬場の荒れ具合、コース形態という視点から見ても、枠順は重要な要素である。
しかし殊に、高松宮記念に限って言うと、
外枠、内枠とも満遍なく連対しており、内外の違いはそんなになさそう。
土曜日のレースを見ても、前残りもあり、馬場の荒れ方もそんなに酷くなさそう。
枠順的にはどこからでも買えるといえそう。

☆脚質
2006年にオレハマッテルゼが逃げ切っているものの、
全体の結果を見る限り、逃げ切りは難しそう。
5~13番手くらいの中団待機の馬が台頭していることが多い。
よって、逃げ馬ローレルゲレイロはある程度軽視したい。

☆騎手
ここ5年中2勝を上げている武豊が不在、
続いているのは5年中3回掲示板に乗っている四位。
彼の乗り方は大抵中団~後方待機であるので、
前が残りにくいこのレースに相性が良いのかもしれない。

☆騎手の格
中京の1,200の得意不得意という話とは別にある、
騎手の格の話。
なんてことは無い、その騎手がG1を勝てる器なのか、ということが一番大事。
高松宮記念、という地味なG1であるので、
器のその範囲はまだ広い方である。

しかし、以下の騎手は、未勝利かどうかは別として、
G1を勝つイメージが沸かない。
内から順に、
北村友
津村
飯田
藤岡
武幸
太宰

イメージだけだが、この6人の乗っている馬を切ることにする。

☆勢い
上述したが、短距離戦線は勢いが大事。
昨年のスプリント王、スリープレスナイトは5連勝でG1制覇、
その前のデュランダルあたりも連勝を繰り返す馬だった。
連勝しているかどうかより、大事なのはローテーション。
詰めて使っていないと1,200もの短距離になると、
エンジンがかかったときに勝負がついていることになりかねない。
また、詰めて使っていることが前提である以上、
前走からの変わり身もあまり期待できない。
つまりは、前走は負けたとしても、
ある程度の小差に治まっていないといけない。
この点から消す馬は以下のとおり。
トウショウカレッジ
ウエスタンダンサー
ファリダット
ファイングレイン
アイルラヴァゲイン
ヘイローフジ
ドラゴンファング
スプリングソング
ジョイフルハート


以上、多くの適当な視点から見て残った馬は以下のとおり。
コスモベル
アポロドルチェ
アーバンストリート
キンシャサノキセキ
アーバニティ

こんなところ。
人気のなさそうなアポロを名目上の
本命に据えて馬券は適当に。
馬単B
1,3,7,9,15

アイアンとアプレザン、一騎打ちに割って入るのは・・・!阪神10R 毎日杯・・・!

阪神10R 毎日杯

強敵が揃ったが、
本命には思い切って8番ストロングリターンを!

前走は外枠不利の中山1,600で13番枠、
大外を回っての2着。勝ちに等しい競馬だった。
血統的にも1,800mならちょうどいいはず。
デキ落ちも一切なく、この強敵相手でも充分やれるはず!
ピンチヒッター川田でなんとか・・・!

対抗は人気でも14番アイアンルック。
前走は超スローペースの開幕週、
それを絶望的な位置から追い込んで差の無い4着。
普通に走ればここは勝ち負け。

一番扱いが難しい11番アプレザンレーヴ。
前走は圧勝。
3馬身差をつけた2着馬も、次走であっさり500万を突破。
実力は間違いなく世代トップクラス。
前走後の攻めはすべて地味だが、
元々攻め駆けしないタイプで、今回のデキでも勝ち負けできるだろう。
ストロングとの兼ね合いでこちらを選んだ内田博の選択は間違いないか・・・!

連下候補には
休み明けでも仕上がりの良い5番オオトリオウジャ、
前走差が無い4着の6番スリーロールス、
連勝中の3番シルクダンディー。

以下で切った馬に一言ずつ。

ミッキーパンプキン
素質は上位も、このメンバーでは相手が悪い。
前走を見る限り、アイアンルックの方が格上であるのは明らか。
岩田でどこまで。

ダブルウェッジ
何気にメンバー中唯一の重賞ウィナー。
強敵を抑えた前走は、展開と馬場に恵まれすぎた。
マイネルラヴを父にもつところも気になる。
今回は静観。

ワイドサファイア
フラワーCを除外されここへ。
メンバーも強力過ぎ、あの除外はあまりにも痛かった。
気性的に距離延長に不安があり、
岩田があっさりミッキーを選んだところも気になる。
このレースではいくらなんでも出番なしか。


上位人気2頭を切る勇気が無いので
馬券的には妙味が無いので遊び程度に。。。
三連単B
8,11,14

個人的にはアプレザンとアイアンの一騎打ちが見たい・・・!

今日の買い目・・・!3月28日(土)・・・!

時間が無いので買い目だけ。
後だしにならないものだけを。。。

中山5R
本命2番ティアップムトオー
単勝
2
馬連
2-3,4

中山6R
本命3番フラココ
単勝
3
馬連BOX
1,3,6,7,12

阪神6R
本命12番コリコパット
単勝
12,16
馬連
12-16
三連単F
12,16→12,16→11,14

メーンの毎日杯はのちほど・・・!

アンライバルドの追い切りは・・・中山11R スプリングS!

中山11R スプリングS

今日はたいして美味しい面白いレースもなく、
ケンを繰り返した。

スプリングSも見るレースには違いないが、
軽く予想しておく。

アンライバルド
前走の若は圧巻。
レース前から汗びっしょりでも完勝した。
不安要素として言われているのは、
前走後、1ヶ月近く調教を行わなかったこと。
調子を落としたか、意図的に落としたかどうかは定かではないが、
はっきりしているのは目標がまだだいぶ先であること。
調教の様子にまったく仕上げる気が見られない。

ただし、前走の若駒Sのときも、今回ほどでないにしても、
調教は決してよく無かった。
能力は認めつつも、
単勝1番人気の今回に買ってやる必要は無い。


フィフスペトル
アンライバルドと比較せずとも、こちらの追いきりは圧巻。
馬なりであっさり先着し好タイム。
前哨戦としては充分過ぎるデキ。
中山コースの相性は、人馬ともに微妙であるが、
アンライバルドより上に来る可能性は充分。

リクエストソング
この馬はいつも攻めを走らない、予想の難しいタイプ。
前走は馬場の悪い内に突っ込みリーチザクラウンの2着。
そのパワーは認めつつも、経済コースを通ったことは事実。
同レース3着以下の馬との差をあまり見出せない。

単勝10倍以下の馬たちについてはこのくらいに。

本命には思い切ってマイネルエルフを狙う!
前走アーリントンカップは果敢に逃げてダブルウェッジの2着。
開幕週で前残りの馬場ではあったものの、
今回の中山1,800も逃げ馬がよく残る。
4番枠に入ったことで、スタートさえ出ればスンナリ先手を取れそう。
距離ロスを強いられる差し馬を横目に、
ラチ沿いをすんなり行ければ・・・!
津村の欲の無い逃げに期待する!

ほかではデキの良いセイクリムズンとキタサンガイセン、
前走流れの向かなかったツクバホクトオーにも期待したい。

人気の3頭ではフィフスペトルが抜けていると感じる。
アンライバルドが来たらすいませんという感じで。。。果敢に穴を狙う!

単勝
4,8,9
馬連
2,4,8,9,13
ワイドB
4,8,9,13

フラワーカップ&万馬券的中!3月21日(土)今日の結果・・・!

今日もいつもどおり明日の予想をしている時間だが、
ざっと見たところ、特に買いたい馬もいなさそう。。。
後は当日予想にする。

2週連続万馬券的中ということで、
たまには予想結果を。

馬券は好調だが、
攻撃的な予想で多くの場合撃沈しているのがわかる。

阪神3R
ボンバルリーナ 3番人気→6着
キングウェールズ 2番人気→4着
リリープレジャー 4番人気→2着
トキノヤマトボシ 9番人気→1着!単勝4,480円的中!ワイド3,590円的中!馬連14,720円的中!
スリーオブジャパン 8番人気→12着
危険な人気馬
タクティクス 1番人気→7着!

阪神6R
グリッターアイス 6番人気→12着
ジョーゲルダ 1番人気→9着
メイショウコウセイ 9番人気→14着

阪神11R 若葉S
セブンサミッツ 12番人気→9着
危険な人気馬
テツキセキ 10番人気→14着
ベストメンバー 2番人気→1着・・・

中山1R
コスモスプリッツァ 8番人気→16着
ショウナンマゴコロ 2番人気→12着
サニーストリート 7番人気→5着
ホワイトホーネット 4番人気→7着
危険な人気馬
アラマサスクワート 3番人気→4着
アントルシャカトル 6番人気→2着・・・
アーリーアメリカン 1番人気→1着・・・

中山2R
ワンツーリターン 3番人気→6着

中山7R
サンフルルック 9番人気→16着
タイキジャガー 6番人気→6着
危険な人気馬
トレジャーバトル 1番人気→9着!

中山11R フラワーカップ
クリアソウル 12番人気→9着
ヴィーヴァヴォドカ 11番人気→1着!単勝4,360円的中!

中京11R ファルコンS
ゲットフルマークス 5番人気→14番人気
アンジュアイル 10番人気→6着
エイシンクエスト 1番人気→10着
スパラート 2番人気→11着
ジョーメテオ 11番人気→15着
 
二桁着順連発、当たったレースは二つだけ、、、
も、収支は大幅プラス。
これだから穴狙いは止められない☆

明日も何とかこの勢いで!

中山1,800の外枠?中山11Rフラワーカップ・・・!

中山11R フラワーカップ

桜花賞へのステップレースだというのに、なんとも小粒なメンバー。
16頭中14頭が1勝馬。
その中に素質馬も見当たらない。
ワイドサファイアの除外が、本レースを、
ひいては桜花賞の盛り下げることとなった。

なんとも予想する気が出ないので軽めに。

16番ディアジーナ
前走では、世代トップクラスの能力を持つダノンベルベールをねじ伏せた。
ダノンに勝ち切ったのは鞍上のファインプレーであったが、
互角の勝負をできたのは事実。
本番でも人気になる馬が、
こんなところに入ったら能力は2~3枚上だろう。
敢えてケチをつけるなら中山1,800での大外枠。
スタート後すぐにコーナーがあり、
酷いときは100mくらい距離ロスするのは当たり前。
そこにつけこんでいくしかない。

しかし、他に買いたい馬を発見することはできなかった。

しかたがないので、以下の条件から買う馬を決定する。

・内枠
・仕上がりが良い
・人気が無い

以上より導き出されたのは以下の二頭。
2番クリアソウル
4番ヴィーヴァヴォドカ

なんともやる気の無い予想。
願望としては、ディアジーナにここで完勝してもらって、
本番で人気を集めて飛んでほしい。

単勝
2,4

打倒ヤマニンウィスカー!阪神11R若葉S・・・!

阪神11R 若葉S

本命には2番のセブンサミッツを!
昨年末、デビュー戦で圧勝気配で先頭に立ちながらも、
鞍上岩田をふっとばし落馬させたのはもう過去の話。
馬自身、だいぶ大人になった。
デビュー戦は実質圧勝だったし、
2戦目は1着馬が強すぎた。
1番人気の前走も小差での敗戦。
ここまでの人気落ちは美味しい。
人気のトライアンフマーチの前走2着馬、
ナリタクリスタルを比較対象とすると互角。
ならば人気の無い方を買うのは当然。

危険な人気馬
15番テツキセキ
前走は小倉で距離を損しながら3着に突っ込んだ。
しかし、調教も地味で人気ならあまり買いたい要素はない。

16番ベストメンバー
前走きさらぎ賞が評価されての人気。
しかし、個人的に認めていないリーチザクラウンに完敗した馬。
しかも人気で買いたくない。


1番人気のヤマニンウィスカー。
調教はいつもまったく走らず。
しかし、前走の小倉の脚は認めざるを得ない。
過剰人気として切りたかったが、切れなかった。これが正直なところ。
敢えて言うなら、いつも距離ロスの無い競馬。
あまり飛ぶ気はしないが、配当妙味からこのレースは勝負。

単勝
2
馬連
2-5
馬連B
2,3,6,10,12,14
ワイドB
2,3,6,10,12,14

大混戦!中京11R ファルコンS!

中京11R ファルコンS

大混戦も、本命には14番ゲットフルマークス。
元々マイネルラヴ産駒で、前走の1,600mは長かった。
放牧後の調教を見る限り、少し溜めを利かせられるようになったか。
超ハイペースに巻き込まれなければ何とか。

面白いのは16番アンジュアイル。
前走大敗も、クイーンCでは小差の5着。
そこそこ能力はある馬。
適距離に戻ったサクラバクシンオー産駒の好走を期待したい。

ほかでは、当然
豊のスパラートと、三浦のエイシンクエストは実力上位。
特にスパラートの方は仕上がりもよく、切る要素が見当たらない。
遊びでジョーメテオを加えて手広く。

馬連B
4,12.14,16,17

中山7R!・3月21日(土)・・・!

中山7R

人気は割れ加減。
本命には思い切って休み明けの12番サンクフルルックを。
調教タイムを見る限り、このクラスなら上位の実力があることは確か。
あとは久しぶりの実戦で息が持つかどうかだけ。
この人気薄なら妙味。

面白いのは1番タイキジャガー。
メンバーの揃っていた前前走でクビ差の2着。
能力の高さを示した。
中山の最内枠が良い方向に向けば勝ち負けまで。

危険な人気馬
3番トレジャーバトル
前走は好発から逃げ馬の直後の最内を進み、
まったくロスの無い競馬。
今回も同じ芸当ができるとは思えない。
13番ツクバタイヨウに能力が劣ることは明らか。

馬連B
1,7,11,12,13
ワイド
1-7,11,12

阪神6R!・3月21日(土)・・・!

阪神6R

本命は10番グリッターアイスを。
仕上がり抜群、
ダート1,200なら昇級戦でも通用する能力の持ち主。

強敵は人気でも12番ジョーゲルダ。
休み明けも入念な乗り込み。
しっかり仕上がった。
素直に能力上位。

面白いのは14番メイショウコウセイ。
鞍上には大いに不安ありも、
びっちり追って仕上げてきた。
能力も通用で、騎乗次第では勝ちきることも可能。
人気も薄く良い感じ。

馬連B
10,12,13,14
ワイド
14-3,4,10,12,13

阪神3R!・3月21日(土)・・・!

阪神3R

危険な人気馬
1番タクティクス

アグネスタキオン産駒。
アンカツ騎乗で一番人気。

しかし、デビュー戦とはいえ、
11頭立て5着は評価できない。
調教も走らず、人気ならまったく買う動機はない。
ここは逆らう。

2番ボンバルリーナがこれまで戦ってきた、
フミノイマージン、エリザベスムーン等は強敵。
久しぶりの実戦でも軽視できない。

11番キングウェールズは能力的には普通に走れば勝ち負け。
しかし、今回は仕上がり加減が少し心配。

9番リリープレジャーは乗り方ひとつ。
少し追い出しを我慢できれば。

12番トキノヤマトボシ、13番スリーオブジャパンは仕上がり良好。
波乱の立役者に。

単勝
12,13
馬連B
2,9,11,12,13
三連複B
2,9,11,12,13

中山2R!・3月21日(土)・・・!

中山2R

正直そんなに勝負したい馬はいない。
しかし、超人気一本被り馬の存在。
そこに購入動機がある。

中山2Rは未勝利戦。

7番マルターズデライト 単勝1.3倍・・・

未勝利というのは一度も勝った事の無い馬・・・(当たり前)
そんなレースで、
1着しか当たり馬券にならない単勝の、このオッズの異常さはわかりそうなもの。
買う意味なんてあるのか。
他の馬の単勝で勝負。

ちなみに馬の能力としては、
マルターズデライトは危険な人気馬だとは思わない。
完勝するかもしれないことも明記しておく。

買うのは5番ワンツーリターン。
ガーっと言って直線止まるタイプの馬か。
16番ショウナンとの兼ね合いが微妙も、行ききれば。

単勝
5

中山1R!・3月21日(土)・・・!

中山1R

本命には15番コスモスプリッツァを!
前走は勝負どころの3角で離されたのが堪えた。
砂を被って嫌がった様子。
外枠の今回、砂を被らなければ巻き返し。

強敵は8番サニーストリートとショウナンマゴコロ。
デビュー戦は重馬場で参考外。
仕上がりを見る限り好勝負。
7番ホワイトホーネットも勝ちきる力まである。

危険な人気馬
1番アラマサスクワート
近走は2~3着だが、いずれも相手が弱い。
内枠の経済コースでどこまで。

12番アントルシャカトル
ここ3走ずっと軽い追い切り。
レースで調教しているような馬だが、
それももう上積み限界では。
勝ち味が遅すぎる。

16番アーリーアメリカン
正直、完勝されてしまう可能性も。
ただ、昨年6月以来のレースで一番人気。
買う理由なんてない。

単勝
15コスモスプリッツァ
馬連B
7,8,13,15

ブエナビスタ、リーチザクラウンに完勝・・・!スプリングS!

今週もクラシックへ向けて結構大事な重賞がある。
弥生賞ほどではないが注目のレース、スプリングS。
注目するのはブエナビスタ、リーチザクラウンに完勝したあの馬がいるからに他ならない。

アンライバルド
現在3戦2勝。
ロジユニヴァース、リーチザクラウンほど有力馬に名前が出てこないが、
この馬の素質も相当なもの。
ブエナ、リーチに完勝したデビュー戦はもちろんのこと、
圧巻は前走の若駒S。
確かに10頭立ての少頭数、メンバー的にも小粒であったが、
パドックで大暴れ。
本場場に入るときには既に汗びっしょり。
レース前に既に終わっているような馬に見えた。
しかしフタをあけてみると余力充分で2着に3+1/2馬身差。
そこそこ前につけられる脚質は中山向きで、
気性的な落ち着きさえ出てくれば、ロジに土をつけられる可能性がある馬かもしれない。

フィフスペトル
前走朝日杯は、ブレイクランアウトに被せられて動けなかったことが幸いし、
勝負が決したあと伸びて2着。
自分から動いていったブレイクの方を評価したいレースだった。
弥生賞登録時にも書いたが、やや過剰人気気味。
豊とのコンビで、ひょっとして1番人気にならないかと期待している。
中山コースの人気の追い込み馬。
過去にも多くの馬がこの条件で沈んでいった。
人気の割に買いたい動機があまり出てこない馬である。

ツクバホクトオー
何気に少しだけ期待している。
前走のアーリントンCは開幕週の阪神で、
四位が得意の大外ぶん回しを披露し、
まったくの参考外。
今回は中山コースで吉田隼人が騎乗予定。
新コンビにはまったく期待できないが、
そこそこ素質のある馬。
仕上がり次第では波乱の立役者に指名したい。


現時点で3頭あげたが、中山コースは枠順を見るまでまったく予想できない。
中山1,800で追い込み馬が外枠に入ったら、まず勝負にならない。
四位や池添のように、安全に外を回す騎手ならさらに期待できない。

外枠でもくる可能性があるのは、
コースロスを露骨に嫌う外国人騎手や地方出身騎手。

そこまで内に突っ込むイメージが強くない豊鞍上の追い込み馬、
フィフスペトルの枠順は馬券戦略に影響してきそうだ。

中山5R!・3月15日(日)!

中山5R

本命には3番シセイカグヤ。
休養明けもきっちり仕上がった。
2,000mで息が持つかどうかだが、能力は上位。

対抗は2番エアダーミ。
前走は大きく出遅れ絶望的な位置からよく追い込んだ。
ここでも力は上位。
アンカツへの乗り替わり内枠効果で前進。

危険な人気馬
1番レイクメリット
前走3着も、追いこんできたのは勝負が決してから。
こうゆう追い込み馬の評価は下げたい。

4番アオゾラペダル
デビュー戦を見返すと、確かに能力はありそう。
しかし、休み明けのここでもあっさり勝てるくらいならデビュー戦で勝っている。
人気しそうで、逆らう妙味はある。

単勝
2,3,12
馬連B
2,3,7,12
ワイドB
2,3,7,12

中山2R!・3月15日(日)!

中山2R

本命には思い切って14番ニシノサブリナを!
過去2戦の大敗はソエの影響か。
攻めの感じでは未勝利くらいは勝ちあがれそうな感じ。
ダートに替りが良い方に出れば波乱の立役者に・・・!

対抗には2番ユキノクイーン。
攻めはいつも地味。
しかし前走はエヴァの2着。
いかにも実戦向き。

危険な人気馬
4番レッドジュエル
前走は単にメンバーが弱い。
そこで7着。今回の攻めはソコソコだが、人気するなら買いたくない。

単勝
14
馬連
14-1,2,7
ワイド
14-1,2,7

中山1R!・3月15日(日)!

中山1R

本命は休養明けでも6番マイネルバルトーク。
攻め不足でもダート替りと距離単縮は良いはず。
レベルの低いここなら勝ちきっても不思議でない。

危険な人気馬
12番ハナノシルキー
同条件で2着した実績からそこそこ人気するか。
しかし追いきりにバタバタ感。
あまり買いたい要素は見当たらない。

単勝
6
馬連
6-5,7,13

阪神11R!フィリーズレビュー!

阪神11R フィリーズレビュー

本命には6番アイアムカミノマゴを!
前走は京都外回りでの逃げ。
案の定、的にされて早々に先頭を譲った。
しかしそれでもレッドディザイアからコンマ2秒差は立派。
今回は控える競馬で権利取りへメイチ。

底を見せていない5番スイリンカ。
調教はいつも地味でいくら走っても人気が出ないタイプ。
まだ前が残る阪神。
同馬の脚質なら3連勝までありえる。

単勝
5,6
三連単F
5,6→5,6→7,9,11

阪神5R!・3月15日!

阪神5R

超小粒な新馬戦。
まったく先が期待できる馬もいないが、
2番ペルシステンテを狙ってみる。
入厩後ほとんど時計を出しておらず追い不足は明らか。
しかしある程度牧場で乗ってきている。
この小粒なメンバーなら何とかなっても。
遊び程度に。

単勝
2,13
馬連
2-13
ワイド
2-13

中山2R!・3月14日(土)!

中山2R

本命は7番リアルディール。
ずっとデキは良い。
落ち着き次第だが、ダート替りで新味が出ないか。

強敵は5番フレイムプリースト。
能力は一番。

馬連
7-5,6
ワイド
7-1

中山1R!・3月14日(土)!

中山1R

本命は5番プリティオードリーを。
前走同条件で好走。
このメンバーなら。

対抗に9番スイートフローラル。
クリアソウルが1着した前走はメンバーが強かった。
距離短縮がカギ。

危険な人気馬
12番ルナロッソ。
前走3着も離され過ぎ。
勝負が決まってから差してきた感。
攻めも地味で過剰人気か。

10番ゴウキ
前走2着も地味。
強調する材料無く、前走着順で人気するなら軽視したい。

馬連
5-9
ワイド
5-9

中山10R アネモネS!3月14日(土)!

中山10R アネモネS

何気に楽しみなオープン特別。
本命には7番ウインプレセアを!
前走は2着も、メンバー中一番強い競馬をした。
仕上がりも抜群、いい枠に入り中山得意の蛯名で前進。

強敵は6番エイブルインレース。
前走クイーンカップは強敵相手に正攻法の競馬で3着。
中山ならさらに好勝負していたと思わせる内容だった。

危険な人気馬
11番リュシオル
前走は完勝も、中山マイルで1枠。
さらにレースでもまったく包まれることなくロスの無い競馬。
最短距離を通っていたのだから完勝は当たり前。
11番枠に入った今回、同じようにはいかない。

13番アイアムネオ
前走は確かに一番強い競馬。
しかし、リュシオルと同様、この馬のレースも、4角で内がパックリ開いた結果、
そこにもぐりこめたものだった。
13番枠。
同じようにいけるとは思えない。連下まで。

15番デセール
外枠の先行馬。
半信半疑。

単勝
7,12
馬連B
1,3,6,7,12
ワイドB
1,3,6,7,12

阪神10R ゆきやなぎ賞!3月14日(土)!

阪神10R ゆきやなぎ賞

本命には10番シゲルエボシダケを狙う!
前走は小倉の2,000mで大外をぶん回し4着。
いかにも小回りに泣かされた展開。
阪神2,400でじっくりいけば勝ち負け。

対抗は3番ダディーズウォーズを。
前走はシゲルと同じく小倉2,000。
しかもこちらはさらに折り合いを欠いた。参考外。
仕上がり良く阪神で見直し。

単勝
3,10
馬連B
3,5,10
ワイドB
3,5,10

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。